ちょっとHなOLの性活
Just another WordPress site
Show MenuHide Menu

Archives

2013年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

そこが問題

2013年6月26日   
この記事の所要時間: 16

神待ちサイトって知ってますかね?
簡単に言うと家出をした少女とその少女に一夜の宿を提供する親父とを仲介するサイトのこと。
昔は家出をすると少女なんかはいくあてなく夜の街を徘徊するしか術はなかったものですが、
神待ちサイトのような存在が出来たことでそうした少女の夜道徘徊などはなくなりました。
金がなく、またつてもない少女たちにとって家出をした後に頼れる唯一の存在なのです、そうした親父たちは。
概して神待ちサイトに現れる親父たちは社会的ステータスが高い。
またお金も持っていますので、その家の規模もとんでもないほどにでかかったりします。
少女が神たる親父たちに頼ってしまうのは、もちろん一宿の宿を提供してくれる存在であるからということも
あるのでしょうが、それ以外にそうした親父たちが金持ちで少女たちが未だかつて経験したこともない家に
泊まれるのだという好奇心もその一因に無料セフレあることでしょう。
少女に宿を提供する親父たちがさてでは下心があるのかどうか、そこが問題なのですが、個人的には割と慈善心にとんだ
御仁たちが多いのではないかという印象ですね。
少なくとも夜道徘徊よりかはだいぶと安全なスペースを提供してくれるのではないかと思っています。
まあそれでも危険であることには変わりはありませんが。

性欲の強さ

2013年6月20日   
この記事の所要時間: 127

大変に人気のある壇蜜さん、彼女は陰のある色気というものが大きな魅力になっていると思うんですよね、これはいったいどの様にして彼女に備わったものなのでありましょうか。
彼女の人生かセフレら、これを探って行きましょうね。
その1、結婚願望が無い
彼女が言うには、26歳の時に東池袋に結婚願望を置いて来た、と言うわけですよね。
これは5年間付き合っていた彼の地元が東池袋だったと言う事でありますね。
社会学者の森下氏によりますと、男性よりも女性の方が結構にこだわると言うのは、男性上位社会の表れだと言う事なんですね。
自分の幸せは、どの様な相手と出会うかどうかで決定してくる、他律的な人生感というものがそこにあるようなんですけどね。
この様に考えて行きますと、壇蜜が大変に適正緑なキャラを前面に出せるというのは、結婚願望を持っていない、自律的な人生感を持っている、と考えて良いと思うんですね。
壇蜜が同性から無料出会いも好意を持たれるというのは、この様な彼女の生き方を憧れに思う方も沢山いるからなんでしょうね。
その2、知性派エロス
彼女は出演したい映画“私の奴隷になりなさい”で女優デビューをしたんですけど、大変に過激な SM シーンや、前バリなしの体当たりの演技を見せてくれた彼女ずね。
彼女は原作小説の私の奴隷になりなさいも熟読していただけでなく、団鬼六、谷崎潤一郎等の官能文学にもしっかりと理解を示しているわけなんですよね。
日本心理医学研究指導医、北村氏の話によりますと、性欲の強さと知能指数と言うのは、どうやら比例すると言うわけなんですね。
この理由として、セックスが生殖器でするわけですが、快楽のを出るのが大脳であると言う事から、と話していますね。

ホルモンの成果

2013年6月18日   
この記事の所要時間: 133

60代となりますと、もはやおばあちゃんというような領域と言うわけでありまして、孫がいるような場合だってある訳ですからね。
このぐらいの年齢の女性と、出会い系サイトを利用して接点を持つことが可能でしょうか?
正直な話、それまでの60代というのは出会い系サイト勿論でありますが、恋愛をすると言う事に関しても縁がなかった訳ですよね。
殆んどの女性たちが既に生理も無くなってしまっているし、子供が産め無いと言う事で女性の本能というものが無くなっている、と言う事なんでね。
女性ホルモンが無くなってくると、外見的にも女性らしい部分が消えてしまいますからね。
しかしこの様な60代の女性たちが、現在出会い系サイトであいけいサイト 無料 登録なしを利用するようになっているんですよ。
出会い系サイトを利用して、何を求めているのでありましょう?
女性は当然神待ちサイトですが、男性側としても、ホルモンの成果によりまして60代等もありますと当然のように、男性の機能が低下するわけですよね。
しかし最近の子年代は大変元気なわけです。
食事の栄養が良いという説もある訳ですが、長寿となった日本の現在の60代は本当に元気である訳ですよね。
出会い系サイトを利用しているような、60代の男女というのは、セックスを持って来てしていると言うよりも、精神的な繋がりを求めていると考えて良いでしょう。
年齢が高くなって来ますと、寂しい気持ちになってくるわけですからね。
この寂しい気持ちを満足させてくれるお相手が欲しいと望むようになるんです。
結婚相手にも先がされてしまう場合がありますからね、寂しいという理由からもサイトを利用していたりするんですよ。
自分の寂しい気持ちを、誰かを探して埋めていきたいと思うんでしょうね。
これもいかにも現代的な出会い系サイトの利用方法ではないか?と感じますね。

男性が女性のフリを?

2013年6月14日   
この記事の所要時間: 118

出会いサイトによく見られる用語についての説明です。
今回は「た行」と「な行」に関してです。
「同時登録」
無料出会いサイトでよく目につく用語です。
これはAというサイトに加入をすると、
そのままにBというサイトにも加入されることを指します。
Aサイトは無料で利用できるけれどサクラのみで、
出会いたければ有料の高くつくBサイトを利用しろといわんばかりのたちの悪い簡単に稼げるサイト
が多く見られます。
そのようなサイトに加入してしまった時は、
即座に抜けるか決して使わないいのが得策です。
「ドタキャン」
「土壇場でのキャンセル」の省略形で、
前日やその日になって急に約束を断ることを指します。
デートの予約はしたものの、いつもドタキャンされてずっとデート出来ない……
そんな時は、先方がサクラである可能性もあります。
「ネトナン」
ネットナンパともいわれ、出会いサイトやソーシャルネットサービス、、
チャットや掲示板等のウェブ上でナンパすることをいいます。
「ネカマ」
女性を装う男性をオカマと呼びますが、
ネット版のオカマをネカマといいます。
セフレ
出会いサイトだけでなく掲示板などに沢山見られますが、
出会いサイトではその運営組織とは関わりのない業者が女性会員と偽って加入し、
自分のサイト等へ導く形も散見します。
他に、業者ではない不通の男性が、
先方の出方を笑いの種にする為に女性会員を装う時もあるようです。
見破るのは容易でありませんが、
一寸でもおかしいと思ったら取り合わないようにしましょう。

今後の展望

2013年6月13日   
この記事の所要時間: 132

人妻とのセックスにおいて、インモラルな気持ちよりも、恋人同士のようなセックスを楽しんだほうが良いものか?
この事セックスフレンド募集し言うのは、セックスの後のアフターケアという部分に関係してくるわけなんですよね。
人妻2個のセックスをしたと言う事の罪の意識を感じさせてしまうのでは無く、気持ち良いという快楽の意識というものを優先して感じさせて行く、これが重要な要素となってくるんですよね。
罪を感じると言う事は、理論的な左の脳で感じている感情の部分なわけなんですよね。
しかし快楽のというものは、逆に右脳で感じる大変直接的な感情であるわけなんですからね。
左脳と右の脳、この二つは相反しているものである訳ですよね、罪の意識の方が大きくなってしまった場合というのは、当然このときのセックスに置いては、後味が悪いと感じてしまうようになるわけでありましょう。
2人のセックス、この関係と言うものが、快楽のであった、大変早くだった、という部分で終わらせたいものでありますよね。
この様にすることにより、その後もセックスのパートナーとして、良い関係を継続して構築することが可能になってくると思うんですね。
セックスが終わった後と言うのは、セックスが始まる前に以上に、しっかりと優しくしてあげる、女性として扱ってあげる必要が出てくるわけですね。
セックスだけが目的だった、この様な思いを抱かせない様にする、この様に男性は努力しなければなりませんよ。
こうすることにより罪よりも掲示板サイト、快楽のが優先されるわけでありますからね。
人妻としても、今まで忘れていた女性という部分をしっかりと取り戻すことが可能になるわけだし、この関係において大変満足して貰えるわけでありますよ。
こうなれば、男性としても今後の展望が望めると言うわけでありましょうね。

レビューを掲載

2013年6月10日   
この記事の所要時間: 115

皆さんはネットや雑誌で「無料出会い系サイト」の広告を見掛けると思いますが、体験談を読んだことがありますか?
出会い系サイトの印象はあまりいいものではないと思いますが、実は利用する結構な数の人が,真剣な出会いを求めているのですよ。
私もその一人です。
出会い系サイトの利用をきっかけに何人かとお付き合いをしたり、友だちも出来て、今では日常で出会い系の友だちより会うことが多い無料メル友です。
出会い系サイトの良いところは、プロフィールでその人の趣味や趣向、性格や人柄など分かりやすく、「この人と話したい」と思う人とメールのやり取りをすれば、話題が合うし話が弾み、結構なメールのやり取りが出来て楽しいです。
また、昔からの友人が結婚することになったのですが、其の相手の方も出会い系サイトで知り合ったそうです。
紹介されて話をしてみたのですが、とても優しくて誠実な印象の方でした。お二人とも毎日が幸せな様子がうかがえます。
「出会い系サイト」の使い方も様々です。
大人の恋愛をされる目的の方が多いですが、真剣に生涯のパートナーを見つける方もいます。
皆さんも「出会い系サイト」で出会いに興味があるようでしたら、出会い系サイトを利用している人の体験談や周りの友達に利用した人がいたら話を聞いてみたらいかがですか?
ネットでも「出会い系サイト」の情報をまとめたり、レビューを掲載したりしているサイトを参考に自分の目的に合った出会い系サイトを見つけてみたらよいでしょう。

サイトの裏側

2013年6月3日   
この記事の所要時間: 16

出会い系サイトの種類はさまざまです。老舗、無料の出会い系など営業歴が長い業者やよく知られている大手業者などいろいろです。
大手サイトは、雑誌への広告掲載だけではありません。街中でのティッシュ配りや電車内での宙吊り広告その他あらゆる方法で出会い系宣伝しています。
会員数は増加する一方で、数十万人という会員数の業者もあります。
しかし、会員数が多いことだけをアピールしている業者が、必ずしも優良業者の優良サイトとは断定はできません。実際に検索して、相手からのアプローチなどを見て、サイトの実態を明らかにしないことには信用できません。
そうならないように、サクラを利用しているサイトも多く、そのサクラの人数によって、多くの会員がいるように見せている業者もいます。
しかし、大手の無料出会い系サイトは、素人の会員だけで会員数が十分ですから、サクラを利用する必要がありません。またサクラを利用することによって、その行為自体がサイトの信頼性を失う場合もあります。
無料の出会い系サイトは、その運営資金の集め方が問題で、サクラの有無が関係してくることがあります。大手であれば、サイトでの広告費で十分利益を出すことが可能なのが現状です。
無料だからといって、全てのサイトを信用せずに、そのサイトの裏側を正確に見極めるべきです。